長良川鉄道 郡上八幡駅

長良川鉄道の中核である郡上八幡駅は1929年(昭和4年)に開業。2015年(平成27年)に国の有形文化財に認定され、2017年(平成29年)に開業時の外観に復元しリニューアル。しっくいの壁と木製の窓枠で昭和のレトロな雰囲気を色濃く伝える駅舎が完成しました。

2016年(平成28年)に岐阜県初の観光列車『ながら』が運行を開始し、今ではその発着駅として鉄道ファンや観光客に大きな人気を集めています。

駅舎カフェStation cafe

2018年
長良川鉄道郡上八幡駅舎内に
駅舎カフェを併設しました。

駅舎カフェは駅舎をイメージした屋根風のロゴに『入り口となる駅から郡上八幡の魅力を発信していきたい』との思いの矢印↑と『1929年設立時からから続く』という継続と発展を表す矢印↑の2つの意味を込めてOPENしました。

テーブルや案内看板には岐阜県の産材を使っており、メニューにも明方ハムなどの地元の食材満載です。 駅のホームへの出入りが自由なので、電車を見ながらくつろげるCafeを目指し、お子様連れのママさん達にも使って頂きやすい様にテーブルや椅子も一新。
また、テイクアウトも出来るので電車の中や外のテラス席で頂くのも良しです。

フォトギャラリーPhoto gallery